19日 5月 2019
自信というものを漂わせ、元気いっぱい積極的に取り組み、何時もハッキリした答を打ち出す…なんて人間は対面するととても食えないしメンタルが辟易となる。 その態度が実は安普請で都合良く完成されているからである。 失敗や挫折を味わいながら少しずつ積み上げられたものは本物だ。...
18日 5月 2019
現代社会は新しいモノを開発して販売をする。 そしてその新しいモノを買う人がいて成立している。 モノ(新しい知的サービスも含む)偏重で働きリタイアした人は、そこでやっと自分の心の中の大きな空洞に気付くという人生の運び。 これはムヒカの主張と表現こそ違え、核心はドンピシャ重なっている様に感じた。...
17日 5月 2019
何故?を考え続けると絶えず思考が手探りを続ける様になる。 そして偶然手に触れたモノがその『何故』を解く鍵だったというそんな体験が何度もあり、『求めよさらば与えられん』は本当だと思う様になった。 僕の何故なんだ?に対して与えられた解答への糸口…それがムヒカのリオ会議でのスピーチだったり、トマ・ピケティの21世紀の資本主義だったりした。...
16日 5月 2019
東京から帰り着いたのは二十時過ぎ。 朝一ののぞみで出発、流石に日帰りは疲れる。 何故、東京へ出掛けると魂まで痩せ細った様な疲れ方をするんだろう。 恵比寿から迎えの車で展示会場へ向かい、昼休みには薄汚い店で恐ろしく不味い定食を腹に詰め込む。 東京の民衆は手酷いランチを食っている。 これが毎日なら完全に心を病むだろうなぁ…。...
16日 5月 2019
レストランらしからぬ(?)コラムだと…そんな反応を結構な頻度で頂くようになった。 生来の天の邪鬼故に、言われれば言われるだけレストランから『かけ離れた話』ばかりを書いている。 時折こじつけて、申し訳の様に料理に触れる事はあるけれど。 別に何もカッコつけてる訳じゃないのです。...
13日 5月 2019
昔、ある自営業者が僕に言った事があった。 「アイツ等はバルタン星人なんだよ!」と。 俺やアンタはウルトラマンなんだ。 だから何がどうしたの理屈抜きに、どんな局面に於いても身体を張って魂張って守らなきゃ仕方ないんだ。 アイツ等というのは、お気楽な立場で人のアレコレばかりを評論しては無責任な噂を流し引っ掻き回してる連中だった。...
10日 5月 2019
十何年間でスマホとネットが生活に根付いたと前編で書いた。 以前にこれもネット関連の弊害として『トンネルビジョンとエコーチェンバー』について書いたことがある。 同じ傾向を持つ人が集まり易いという『ネットの特性』故に『極端に情報が限定的』になる。...
09日 5月 2019
男が女より優れて勝てるのは『お祭りと戦争』だけだと以前書いた事があった。 もちろん、究極の極論だけど、男女の関係において結構真髄を突いていると今でも思っている。 現代のお祭り『マツリゴト』という政治の部分には「?」があるけれど。 要するに男は、生活全般のかなりの部分において女に比して劣等だと認めた方が良い。...
08日 5月 2019
ここ十何年間でスマホはスッカリ世の中に馴染んだ。 様々なアプリは生活に浸透し、それらも目新しくもなくなった。 fbからline、インスタグラム、ユーチューブ、TIKTOK…今も目まぐるしくトレンドは移り変わっている。 人と繋がっているか、一人なら様々なアプリで何かを見ている。 スマホから離れている時間が極端に減った様に思う。...
07日 5月 2019
キングダムが受けている。 兎に角、キングダムは分かり易いのである。 人物各々に『ハッキリとした型』があり、彼等はそれを目一杯発揮して世に問うていく。 女々しい駆け引きなんぞは相手にされない。 戦う理由はカネと名誉とプライドだ。 実際の始皇帝とは違って壮大な理想を持つ若き王と偉大なる単純馬鹿の信との物語…。...

さらに表示する