僕だって

僕だって若い時分、飲食店でメニューを自在に組み合わせて存分に楽しめた訳じゃなかった。何せ絶対的に『場数が足りなかった』から。
しかし、初めて入る店でもどんな要領で行くべきか?『嗅ぎ取る力はあった』と思う。

そういう話じゃなく、『基本的な食のセオリー』を知らない人が圧倒的に増えている気がする。
食前、食中に甘い甘いカクテルを頼む人が何と多いことか…。

自分のテーブルの上を『取り合わせる基本的な体験』をしてない人がエラク多い。
聞いてくれれば良いのに、妙に肩に力を入れてチグハグなオーダーをしてくる。

何故か、ハンバーグが殊更に人気となった。

SNSか何かで見たのかも知れない。
ハンバーグとライスのみ!のオーダー客が矢鱈増えた。

その男は仕方ないにしても「じゃ私も…」とお付き合いする連れの若い女が気の毒になる。

聞けばファミレスのハンバーグにはサラダとライスがセットで付くらしい。
ポンとハンバーグのお皿だけが目の前に置かれ…あわててライスを追加!となるパターンも多い。

僕はブルのは大嫌い。

されど、聞かれもしないのに差し出がましく口を挟んで傷付けては…なんて遠慮もある。

以前、食べログに「ハンバーグのライスはお茶碗じゃなくお皿でないとおかしい」なんて書かれた事があった。

そういう上っ面の『型式』にガチガチにハマってる勘違い『通ぶりっ子』もまた多いのである。

此方は和洋折衷に取り組み、ボーンチャイナには…と有田焼のお茶碗を吟味したのだ。

そんなこと言うならハンバーグにはパンでしょ?端からね?
日本の家庭のオカズとなったハンバーグの食べ方しといて何言ってるのよ…とムキになっても仕方ない。

食う事はとても大切だ。

だからこそ昔から貧乏人の家でもソコは大切にして来たんだと思う。
四季折々の旬のもの。

山海の産物を取り合わせ、おカネを掛けるんじゃなく『気に掛けた食事の工夫』をして来た…。

しかし、ここへ来てとても妙な事になってるぞ?と感じるのである。
何か、エイリアンの様な異質の生物といった人達が…先人達の智恵を根底からぶっ壊し始めてる様なイメージ…。

そういや…メチャクチャにランチを食い散らかしながら、子供の学校の偏差値を訳知り顔で喋り倒してるオバサンを目にする様になった位から、そんな現象がちらほら目立ち始めた気がする。

大事にしなきゃならない事は何?
大切に教えなきゃならないモノは一体何?
小賢しい学歴身に付けさせて…食の基本も知らないトンチンカン人間を得意満面で育てた人達に大いに反省を促したい。

『無知』ならまだ許す。
しかし『無恥』だけはいけません。
食事の際の失態や無礼は…下手すりゃその人間の全人格を否定される事になりますぜ…。