狂ったように

狂った様に…ネットで陶器製の大角皿を探し続けていたら、何かに取り憑かれたみたいだとスタッフに笑われた。

 

その行動に至る前に、僕の中で少なくとも二年間は考え続けたテーマを彼等は知らないから無理もない。

 

若い頃から考えていたメニューの提供の仕方の一つだが…説明は難しい。

どうすれば?どうすれば?と思考し、その具現化のキーとなるのがその大皿だった。

 

魯山人が考えた『食堂』は大正時代当時は素晴らしかっただろうが…そんな『洋食屋』の残り香が店に漂っていることが次第に我慢できなくなったのが切っ掛けだった。

 

和をふんだんに使ってこそ映える洋食メニュー。

言葉にするとアリキタリな雰囲気となってしまうけれど、そのキーとなるのが突然頭の中にポンと浮かんだその大皿だった。

 

兎に角、その皿が手に入らないと「これからはない!」

そんな気分になった。
端から見れば思い付きと変わらない。

昔、ビーフシチューを提供するのに南部鉄の小鍋を使った時も長い時間を経てコレだ!と閃いた経験がある。

 

長い時間を掛けた思考から閃いた一品は全体を激変させる威力を発揮するのである。

 

どうしたら良いか?…分からない。

 

その『分からない』を未解決のまんま心に抱き続ける事はとても苦しくとても楽しい。

技術、センスの才能はさておき、その『思い続ける力』において僕には才能がある!と思う。

 

幾千万というアイデアをボツりながらやっと『辿り着く一つ』の力を僕は信じている。

この大皿が届く日を待ちわびるだけで…どんなに苦しい事もクリア出来るのだ。

 

どうやら未だ…楽じゃないけど僕は『楽しんでいる』のだと思う。