飲食店でも

飲食店も衣料品店も、一人当たりのお支払い額が大きい人ほど店に対する満足度が大きく、クレームもなく、逆に感謝まで述べられる事さえある…という摩訶不思議な現象がある。

 

そんな優良顧客はABC分析でいうところのAランク客という事になる。

価格という奴はその対価として、有形無形のもの全てを合わせて何れだけ受け取るか(価値として感じるか?)によって高いとも安いともなる。

 

そんな優良顧客は大勢居る訳もなく、B,C客と下位になるほど人数は多くなる。

圧倒的なボリュームを占めるB,C客と共に、提供側のショップの多くもまた『価値基準』はおいおい…プライスそのもので判断しがちである。

有形価値の一番大きい要素が価格そのものなのである。

 

店も顧客も『自分が何を求めているのか?』をハッキリしなきゃ、前編で書いたイタリアンリストランテの様な事態を招く事になる。

 

前編の客は、お腹を満たしたり料理を味わう事より『談笑する場所』に価値があったと見なされる。

ならば…ファミレスか?カフェにすれば良かったね?という話。

 

一方の店側の運営は、そんなお客が『入りづらい構え』を作ってなかったという不完全さがあったのかもしれない。

見るからにファミレス代わりに使うには気が引ける位の内外装と、調度品あたりが未完成だったのかも…。

 

どちらにも自分に正義(価値観)があり良し悪しと判定は下せない。

お互いのミスマッチから起きた軋轢なのである。

 

自分を自己評価以下に扱われたら誰でも腹を立てる。

お店側はバカにすんなよ!となったのだろう。

一方、サラダとか他を勧められたら自分の注文内容が大きく外してる事に気付けない客側も哀しい。

だって、自分の見識のなさを自ら実証してるのだから。

 

おカネは誰にとっても大事です。

しかし、そのカネを巡って自分のもっと大切な何かをスポイルしてる事が多い。

 

僕も若い頃、高級フレンチとか懐石料理は大の苦手だった。

雰囲気に気圧されて何食ったか?分からなかった。

しかし、ソコに居る客達の『何か』が違っていることは感じた。

彼等にあって自分に無いものって何だろう?…と思った。

 

カッコ付けの為の高額メニューじゃない、彼等はそれを本当に楽しみ堪能していた。

それからは自分の『分からない』を徹底的にお店の人に聞くようにした。

そんな僕を店の人達は見下さなかった。

それどころか恐ろしく親切に教えてくれたのだった。

 

貧乏で若造の僕のその態度は自然だったのかも知れない。

『自分がモノを知らないことを知っている』事が僕を救ってくれたんだと思う。

その当たり前に従った時…良質な店ほど親切だったのだ。

 

自分のその時の浅はかな価値観に閉じ籠って、理解できない事を軒並み嫌悪し罵倒してたら
…野蛮人のオッサンになっていたに違いないと思う。

 

成金趣味でコケ脅して来る様な店に対しては、むきになって対抗したこともあった。

現金三十万と…足りなきゃ200万まで払えるクレジットカードを用意して、ブッてるレストランへ赴き…メニューを片っ端からオーダーした。

僕は酒は弱いから呑める奴三人に任せて、勧めてくるもの全て空けてやった。

 

次第に、その店の従業員達は僕らのテーブルを絶えずチラチラと見ては落ち着きを失っていった。

そんな店にお似合いのコケ脅しの客達のテーブルの会話は小さくなっていく。

大き過ぎる声でワインのウンチクを喋っていたオヤジを黙らせるのにそんなに時間は掛からなかった。

 

覚悟だ、と思った。

自分のコンプレックス解消は覚悟なんだ。

良質な店にたまに行っては分からない事を聞きまくってると、そんな覚悟が出来た。
一生成金コケ脅しに気圧され、びくびく生きるのは御免だったから…。

 

そんなコケ脅しを克服するのにそこまでカネは使わずに済んだ。

なぁーんだ、と思った。

たったこれだけで平身低頭して、びくびくしてる人間達をみて、そんな輩の正体の本質が分かった。

ちやほやされてもちっとも嬉しくなかった。

 

僕はこんな人種にコケ脅されてた…。

帰りのタクシーの中で散々自分を笑ってやったのだった。