良いのか?

良いのか?悪いのか?

歳を経るに従って、わぁーわぁー大騒ぎしてた事が「何かちっちぇ~なあ…詰まんない」ってな気がしてきて、一々反応出来なくなった。

 

駆け引きめいた言葉も、捻れた心が放つ毒を含む言葉も…何だかとても詰まらなくなっていく。

それで?何?…と囁けば、全てが事足りてしまう。

暇はイッパイ持て余してるけど、流石にオマエラは勘弁な…ってな気分になる。

 

何でもかんでも簡単にしてくれる出来合いアプリにすがる、時代のリスクに冒されたヒヨッコ、オバサン、オッサン…エトセトラがヒタスラ面倒臭ぇーとなってきた。

 

神戸じゃイイ歳こいた教師達が餓鬼の真似してイジメだって…。

 

そこの校長と、何時やら横浜で福島から疎開した少年に対するイジメを中々認めなかった女教育長が瓜二つなのに一番驚いたけど…。

この業界のトレンドかな?手入れしてないパサパサオカッパ頭。

 

世間が騒げば恥も外聞もなく手のひら返す。

そこまでの放置は知らん顔。

急に正義の教育者?…芸風まで全く一緒じゃね?

 

恥を知らない人間の狂気だけど…その非常識もすっかり日常茶飯事になっちまったなぁ。

狂気が日々羅列され続けるとありふれた日常に成り下がる。

結局詰まんない。

 

まともな校長に出会うと凄く新鮮なニュースになったりして。

 

結局、ドキドキしたければ『自分の中を探せ!』の時代なんだと思う。

見付け出した『I  wish』を頑迷極まりない世間の日常にぶつける時、その両者の間に恐ろしい乖離が生じる。

 

そのトンでもないギャップが目の前に立ちはだかる時こそドキドキゲームが始まる瞬間なんだと思うようになった。