その時代の

その時代の風景ってのがある。

 

1970年代ってまだ携帯もなく…恋人とのアポ取りも中々難しかった。

逢えるかな?逢いたい!なんてドキドキしながら公衆電話からダイヤルを回す…。

 

何時だったか書いたけど、直ぐ連絡が付かないってのが中々風情があった。

その間が様々な想いが巡る時間で、二人の関係性に『深まり』を醸成するのに貢献してたんじゃね?と思う。

 

真剣に恋する乙女は会えない時間が一日千秋?ってな感覚だったかもなあ…。

 

そんな事を想わせる70年代の隠れた名曲があった。

フォークデュオの古時計が唄う『ロードショー』である。

 

※映画館のロビーで貴方の笑顔みてしまいました…私にではなく誰か知らない人に注ぐ微笑みを…パンフレット持つ手が震える私の目の前通って…二人は赤い扉の中へ消えて行きました…

 

ここで、恋い焦がれた男が二股野郎だったと判明するのである。

 

※忙しくて逢えない…貴方は電話でそう言ってました…私にゴメンと直ぐに謝ったのはそんな訳ですか?

 

あの時代、仕事は女を黙らせる男の印籠だった。

私と仕事どっちが大切?なんて喚き散らす、はしたない(とされてた雰囲気があった)女は少なかったよね、確か…。

 

※ベルが鳴っています…私の愛を脅かす様に明かり消えました 

泣いても良いと教える様に…映画館の外には何時ものざわめき

見慣れた町並み…貴方の後からついて行こうと決めて二年が過ぎました

貴方と私に続く物語だけ…今は大事です

 

かなり、後を引きそうな乙女の傷心である。

 

学生運動何てのが急速に消えて行った後、『熱い思い』の消化先は恋愛位しか見当たらなかったのかもね。

四畳半ソング何ていう極めてプライベートな部分を思いっ切り拡大して没入しようとしてた。

「他に好きな人が出来た…」そんなメールの一文で清算できる関係性はライトで楽である。

既読放置して自然消滅なんて超お手軽な方法もある。

着信拒否とかね。

※冬の海を見せたい私の心に 届いた絵葉書

 

※~古時計『ロードショー』の一節

 

この小節にグッと来たのを覚えている。

所詮切れて離れ行くんだけど傷心に対して『納得の儀式と時間』を必要とする、そんなアナログ感が残ってた時代。

もう少し世間の流れにも男女間にも季語があった様に思う。