無知と

無知と無気力と無節操イコール無謀な人生となるんだけど…。

 

テレビに『ぬるま湯君』と称してそんな人生に身を置いている若者達が出ていた。

その番組を観ていてYouTubeで見た犬の保護活動の動画を思い出した。

 

繋がれたまま放置されていたり、エサがなくて石を食べていたり。

皮膚病で毛は抜け落ち、うつむき加減で時折上目遣いで力の無いチラ見をする。

 

その犬達みたいだな…と思った。

 

若者達の身体全体から漂う沈滞感。

輪郭が崩れ去った着崩れた様子。

視線は泳ぐようにして定まらない。

時折拗ねと負け犬根性から居直りにすらならない弱々しい無気力な言葉を吐くのだ。

 

屁理屈とすら受け止められない彼等の言葉や態度が痛々しく、殺伐とした気分に襲われた。

 

野犬となって彷徨する犬が偶然保護され、ユックリしたリズムで介護、治療を受ける。

暖かい寝床と食事を与えられると…まるで同じ犬とは思えない復活を遂げていく。

 

しっかりした輪郭となって、何より目が甦って希望の光が宿る。

 

復活した犬に人が興味を持ち、その犬に惹かれる様に近寄っていく。

犬もまた恐れる事なく人に心を開き近寄っていくのである。

 

犬と人間を同列に語って良いのかは分からない。

しかし、自分を諦め無気力となり、人から遠ざかっていく心のメカニズムは同じじゃないか?とふと思った。

 

犬も人もそんな風に無気力となるキーワードは『人間に対する恐怖と絶望』なんじゃないか。

 

成長の過程の何処かで他者によって酷く裏切られたり絶望を抱え込む様な仕打ちを受けているのだと思う。

彼らを『自分勝手で常識のない幼児染みた自己正当化ばかりするフテブテしい人間』と見るのは間違いなんじゃないか。

彼らは『人によって酷く傷付けられた経験』から恐怖の余りに、人を近付けない、また出会った人が自分から早く遠ざかってくれる様にこういう態度を編み出したんじゃないか。

 

野を彷徨く卑屈な犬が恐い様に、ぬるま湯人間の若い彼らに対面する僕達大人もまた彼らが怖い。

怖いから揶揄し罵倒しそして無視に至るのだと思う。

 

犬は自分を怖がる人間には牙を向ける。

 

ぬるま湯君達も自分に対して嫌悪感と恐怖感を根底に持つ大人に面すると、理屈抜きに嫌悪し恐怖をもって拒絶してくるんじゃないか?

そんな風に感じたのだった。

 

大人達から上手く導かれずに酷い目に合っただろうぬるま湯君達を親愛の情を以て『保護する』事から始めなければ。

彼らの経験則から僕達大人は、敵意を込めて吠えつかれるだけに終始する事になるんじゃないか。