何故?を(2)

現代社会は新しいモノを開発して販売をする。

そしてその新しいモノを買う人がいて成立している。

 

モノ(新しい知的サービスも含む)偏重で働きリタイアした人は、そこでやっと自分の心の中の大きな空洞に気付くという人生の運び。

これはムヒカの主張と表現こそ違え、核心はドンピシャ重なっている様に感じた。

 

…故に即物的現代社会の人は『心が鍛えられていない』。

自分とはなんだ? を余りにも思考していない。(多田俊英師談)

これは仏教究極のテーマ『己事究明』の事だろう。

 

ある存在の前後左右には『歴史』と『謂われ』がある。

その歴史を考える所から自分の心の旅は始まると師は説いている。

それと絡めて古典を読む事を推奨していた。

 

そして師は『死を考えない生』は傲慢である…と指摘している。

現存主義哲学の核心…『死への存在』と全く同じ論理なんだなぁと納得。

 

現代の高齢者はかつてほど死を実感しながら日常を生きていない。

それが心の成熟を失わせてしまっている…と。

 

モノにとらわれすぎているとともにネット社会の行き過ぎたスピード感に振り回されてもいる。

メールやLINEの返事が数秒遅れたとイジメが始まる中高生の心理にも言及し、そんな時間感覚から距離をおき自分を見つめ直すことが心を鍛える第一歩だ、との指摘だった。

 

何時か死に逝く自分を考えないで定年し、老いを前にしてやおら慌てる。

そしてアンチエイジングなるものに取り憑かれる運び。

モノ思考に冒された人達は『老い』をマイナス、消耗と捉えている。

 

老いは自然なモノ。

それにアンチを唱えるのは極めて『不自然な欲求』であると師は言う。

僕がアンチエイジングなる言葉に強い違和感を感じたのはあながち間違いじゃなかったのか…と納得。

 

老いたシワを隠した顔と若くシワの無い顔。

勝負にならないし美醜を引き比べる事の無意味。

 

シワを作るに至った時間の中に、思考の量と質を積み重ねて得られる圧倒的な『成熟』こそを誇るべきなんだと常々感じていた。

若い人達に伝えるべきものを少しでも持っていればアンチエイジングなんて思い付かない筈なんだと僕も思う。

 

元来、老いには『成熟』の意味があるのだと師は説く。

様々な経験をしながら「自分は何者か?」について考え来れば、その人の心は自ずと鍛えられている筈だからである。

 

最近、僕の周りのリタイアした連中が他人の噂話に狂った様に血道を上げてやって来る。

その寂しそうな表情は『心の中の大きな空洞』のせいなんだろうな。

 

早期退職制度が如何に退職金を有利にするかなんて事を熱弁振るってた人間達である。

彼等は残りの人生を退職金と年金の計算だけして生きてくのかな?

その人生はどうにも『無理がある』と違和感を持ったのは『自分の心の問題』がそっちのけとなっているからなのだと理解出来た。

 

自分の心を放置し自分に対する傍観者となって生きていくのはそりゃ『無理がある』し不自然だわ。

 

むかし度重なる不祥事の折り折りに、例え不利益を被ろうと、自分の心がどうしても仕事を放棄する事に抵抗した。

その時、心を手離さなかった僕には難儀が残った。

それは今も継続中である。

 

彼等は心痛を手離した。

散々詭弁を弄して代わりに悩まないでカネを稼げる気楽さとお手軽な人生を手にした。

 

今となって、彼等が手離した心は自らの意志で求めない以上彼等の手元に戻っては来ない。

しかし、その前に心を鍛えて来なかった彼等は自分の寂しく孤独な心と向き合う勇気さえ失ってしまったかの様に見える。

何故なら…彼等の視線は絶えず人の不幸ばかりを追い掛けて、ちっとも自分の死という問題を見てやっていないから。

 

それもそれで結構難儀な事であると思う。

こうして見ると人生は中々上手くどんな生き方にも公平になる様に仕組まれている。

 

アーダコーダと生きても結局、死を前にして自分に対する『自分の心の納得具合い』こそがその人の人生の価値なのだから。