さまざまに

お客様のグループの中に時折、見ていてイタイなあ…と感じるグループがある。

 

とても明るく笑いながら会話しているのに…である。

何かしっくりこない。何故だろう?と思いながら気付いた事があった。

彼等は確かに楽しそうに振る舞っているけれど、実は『楽しくない』のだ。

それが違和感の原因だったのである。

 

時折フッと黙り込む瞬間に見せる彼等の顔はとても寂しそうに見える。

『無邪気な善人らしい言葉』は休むことなく行き交っているのに。

会話が途切れる事を極端に恐れる様に、彼等は一様に『喋らされている』のだった。

 

メンバーは皆、善人然としてイジメを働く様な人は見当たらない。

そんな『毒物』が少しも存在しない『善人の綺麗だけで出来ている』といった風情故の違和感だった。

 

単純おバカの女教師が、執拗な緩い恫喝で作り上げる人為的な『良いクラスの風景』と同じ様に…その雰囲気には何処となく『無理がある』のだった。

善人を気取った疑似善人達に有りがちな『毒をひた隠しにした空気感』は、否応なしに『不自然』という違和感を醸し出す…。

 

詰まり、メンバーの誰一人『安心していない』のだ。

 

塩の隠し味が利いてない、甘さだけで出来ている料理みたいに、恐ろしく表面的で通りいっぺんの会話が何処までも延々と続く。

悪人が登場しない映画の様に…締まらないストーリーが時間だけを消費し続け、閉店がやっと彼等を救済する。

 

こんな会合は自主的にエンドを迎えられない。

彼等は楽しくて堪らない筈だからだ。

こんな会合が退けて店内に健全な静寂が訪れると…トンでもない疲労感がいっぺんにやって来る。

 

水清ければ魚住まず。

成る程ね。

 

己の悪徳や毒を無いことにする人は、面する人を息苦しくさせる。

人間の悪徳や毒こそが人を共感させ安心させるからである。

 

お互い毒や悪徳あれど、それを常識の内に制御出来ますよね?というコンセンサスこそが人の信頼というものだから。

 

ワタシって仕方のない奴なんですよ!

おやおやあなたもですか?

お互い困った者ですなあ…こんな所から地に足がついた付き合いは始まる。

 

人は綺麗でなきゃ駄目なんじゃなく、否応なしに物心ついた時から既に汚れてる、だからこそ『綺麗で在りたい』と願って生きるから救われるのではないだろうか。