空間の使い方

小さな子供が同伴でも構わないか?と予めの問い合わせ。

 

迷わずOKした。

子供がやらかす迷惑に、先に気を回せる親なら間違いなく子供達にこの空間の暗黙のルールを遵守させる力があると思ったからだ。

結果は思った通り、他の席の大人達より余程気遣いの出来るファミリーだった。

 

この人は初見の空間を使う事にとても長けていた。

分からない事を『聞く力』が半端なかった。

「こんな味のワインはどれですか?」から始まり、「子ども達に肉料理を食べさせたい。オススメはありますか?」などなど。

 

その結果、初めましてのこのお客様は、店の長所を最大限引き出して堪能し尽くしてくれたのである。

記入して頂いたアンケート用紙には、小さな子ども達を快く受け入れてくれてとても親切にして頂きましたこと感謝致します…とあった。

三人の子供達は何処に出しても恥ずかしくない、小さいながらも既にとても素敵な紳士淑女に育っていた。

 

中途半端な知識をヒケラカシては大きな声を出す…といった自称グルメな人のメニュー選択は必ずチグハグだ。

何よりスタッフ、他のお客様をとても不愉快にさせる名人だったりする。

 

反してこの『聞く名人』の家族は、開店以来希にみる当店の『空間利用名人』であった。

自分の知らない事をハッキリと認知出来ている人は、人生をとても豊かに運営出来るんだなぁと感じた次第だった。

 

これだよね。

『ホスピタリティ』は供する側と、受ける側との共同作業。

気持ちの良い時空間を共有する事で成立する。

 

オイラ、カネ持ってんどぉー!カネ払ってんどぉー!な人はカネの力しか知らない。

要は『とても無知』なんだけど、悲しいことに当人がそれに気付けないのだ。

 

飲食店で、空気を汚して良いのは自分のテーブル上に限定される。

カネ払ってるからといって他人のテーブルの空気までも損なうのは『空気汚染罪』なのだ。

 

他人のテーブルを汚し、食している料理に無駄ガネを遣わせてる事に気付けないご仁。

この人の愚劣さは決して『育ち』なんかじゃない。

単に『心が悪い』せいなのだ。

 

幾ら貧乏でも『心遣い』はタダで出来るのにね。