ビートルズより

『ビートルズよりムスタキが好き!』

 

昔、何かのCMで使われたキャッチコピーだ。

妙に耳について何時までも記憶に残っていたのだ。

 

ムスタキとは、あの最後の吟遊詩人と言われたジョルジュ・ムスタキのこと。

このCMが流れていた時、確かビートルズは既に解散してたんじゃないかと思う。

 

これもまた定かじゃないけど、TBSで木曜日の夜に木下恵介劇場っていうのがあった。

当時の高校生、大学生達は息を詰めて見入ったものだった。

 

このシリーズの一つに『バラ色の人生』というのがあって、寺尾聰と仁科明子が主演していた。

そのドラマの主題歌がジョルジュ・ムスタキの『私の孤独』という歌だった。

 

そんな流れでジョルジュ・ムスタキと『私の孤独』という歌と『ビートルズよりムスタキが好き!』のキャッチコピーは確りと頭の中に刻まれた。

 

何をおいてもビートルズ!

メジャー中のメジャーのビートルズ。

しかし、敢えて私はビートルズよりムスタキが好き!とCMで女に言わせたセンスは素晴らしいと感じた。

 

ロック、ビート、電子音、サイケデリックetcが主張する若者の時代に、アコースティックギターを奏でながら囁く様に歌う吟遊詩人、深さのムスタキが好きだとは、アンチ主流!を訴えるのに最高のキャッチコピーである。

 

流行より『目立たぬ深さ』を私は選ぶ!

『静かなる強さ』とでも言おうか、その主張は他を圧してスコーンっと耳に入ってきたのだった。

 

レストランのキャッチコピーを『吟遊私人の隠れ家』とモジッて謳ったのも実はその流れから得たものだった。

ムスタキは詩を愛でるけれど、我が店に来たら私人としての『私(自分)を愛(まな)で吟じてね』との願いを込めた。

 

次に、その進化形として『私情解放区』と謳ったんだけれど、これはイマイチ?だったのか。

知らず知らずの内に自分でも使わなくなった。

 

若き日々の高揚感を以て刻んだ言葉と違って、テクニックで作ったからなんだろうか…。