ドゥニ・ディドロ伯爵

有名な『ディドロ伯爵効果』は、十八世紀フランスのドゥニ・ディドロ伯爵のエッセイを下に名付けられた心理作用だ。

 

切っ掛けは彼が友人から真っ赤なシルクのナイトガウンをプレゼントされた事による。

地味好みだった彼がそのガウンを気に入り愛用するように…。

 

暫くするとそのガウンと寝具が合わない!と寝具を買い換えた。

今度は壁が合わない!と塗り替え、それと階段の手すりが合わない!となった。

やがて統一感の虜となった彼は、とうとう家まで建て替えた…という逸話である。

 

今までにない高いレベルの『何か』を手に入れると、今までとは『矛盾を来す』様になる。

そのギャップこそが情報となり、人はそこを埋めるべく活動を開始する。

その一つを基点にして連鎖反応し、次々と入手活動を行っていく。

 

これは『類は友を呼ぶ』ととても良く似た心理作用だと思う。

自分を『一歩高めた存在』へ運ぶと周囲の人達とのバランスが壊れる。

今までの自分という類(レベルと質と)が友を呼んでいたのだから…自分が変化すると当然、周囲の人間とは差異が生じてくる。

 

変化した人間の類友効果は、高いレベルにも(逆に低いレベルに甘んじた場合にも)『それまでの周囲』に対してハレーションを起こし、徐々に周りの人間を替えていく事になるのだ。

 

若い内に『誰かに感銘を受ける事』はその心の感動が基点となり周囲を形成する。

その感銘が周囲の人間選びに大いに貢献するのもディドロ効果と言っても良いかも知れない。

 

周囲の人をドンドン替えながらもディドロ効果とは言い難い場合もある。

 自分の事情や都合でどんどん人を『乗り換える』輩だ。

これは単なる目先の利己的活動で、ディドロ効果とは似て非なるものだ。

 

その人の感性、心理は何一つ変わらず、相も変わらぬ下劣な欲得を基準にしている

そんな輩が周囲の人間を替えるのは『自分の都合が変わった』からに過ぎない。

 

廉価品販売チェーン店は『今の自分レベル継続者』に貢献する。

店に行けば必ず『何時もの何か』が買える。

それはとても良い点であり同時にまた欠点でもある。

 

何時ものだから安心で計算が立つという点において長所であり、それ故に心理的感銘を受け難い点において短所だ。

 

我々のような小資本の店は高感度、高品質、高プライスを扱う事を宿命付けられている。

理由は簡単、廉価品を扱うには資本、組織、設備が貧乏過ぎるからだ。

 

ならばせめて、人に『感銘』と迄は言えないにしても某かの『感度・驚きを与える店』で在りたいと思う。

そして、あわよくばお客様の心理にディドロ効果を発生させる商品を渡したい。

お客様が自分を『上方破壊』したくなる、その切っ掛けになれれば…と願っている。