尊厳を

尊厳を認めていない相手に適当にまとめたモノを供する行為を『宛がい扶持(あてがいぶち)』っていう。

 

昨今、この宛がい扶持という方法は、テーマパーク、ゲーム…様々な分野で需給関係を築いている。

 

カネを払って購入する分野はその人に取って専門ではない。

だから専門家にまとめて貰ったモノを購入するのが手っ取り早く『楽』なのである。

 

一時間3000円で飲み食べ放題…は量の放題だ。

料理の質とか分野を問うてはならない。

予め選定された『宛がい扶持』なのである。

 

確かに手っ取り早く楽だ。

特に幹事さんは安心してその会に没頭も出来る。

 

何か『適当な』モノを!

目的は飲む事だから、宛がい扶持の時間内で何れだけ飲むか?に主眼が置かれている。

 

ウチは最近、二次会のお客様も増えて来ている。

一次会、二次会合わせれば、彼等も結構なお金を使うことになるよね?…てな事を考える様になった。

その中に『自分の意向で食べた』モノって何れだけあるんだろう?

 

自分の意向を除外して、『出来るだけ供給側の制限の内にまとめられた』モノを『提案して貰いたがる』人が多いのに驚く。

 

時間と量が様々な技術によって圧倒的に合理化されたけど…プレイヤー側の『選択の余地』は恐ろしく削られているんじゃない?

…なんて事を思う。

 

空腹具合とか、今のシチュエーションとかどんなイメージのモノで満たされたいのか?

そんなモノを『求めて貰う』とそのテーブルはとても賑わう。

 

そりゃ、お客さんの希望がそのテーブル上で編集されるのだから当たり前といや当たり前なんだが。

その当たり前を求める事が当たり前じゃなくなってる事が…哀しいよね…と感じる。

 

一回の食事とか洋服の買い物とかで『希望を主張する』事が随分と不自由になってきてる。

ま、それ故にシステム化による合理化の恩恵として便利な社会があるのだが。

 

手っ取り早く楽しむ為に、『宛がい扶持やお仕着せ』が便利で楽だと、自分達が求めて交換した結果の不自由なんだから仕方ないんだけど…。

 

食事に関して言えば、様々な技術の進化は確実に『食事風景の質的な価値』を損なった事は間違いない。

 

衣料の分野、例えばスーツなどは、大正から昭和中期までの人達は自分専用に一着ずつ仕立てて着ていた。

その『着心地、味わい』はかなり高かったであろう。

それと引き換えに、完成まで長い時間を待たされたり価格は相当高かったり…。

 

質と量、その『ホドホド』のバランス感覚を養いたいと思う。

何でも利便性ではなく、何でも頑迷に質でもない、自分の希望に臨機応変に応えられる自分で在りたいよね?と感じる今日この頃です。