地球を大切に?

綺麗なモノの裏にはゴミが溢れているものだ。

 

昔から責任のない綺麗事を言う奴は嫌いだった。

地球を大切にする前に貴方は『自分を大切にしてるの?』なんてシニカルな言葉を我慢できずに吐いてしまう僕は…当然、人と上手くやれる筈などなかった。

 

兎に角、喧嘩は止めて!仲良く演りましょうよ~なんて、事情も分からず安易な平和を口にするブスの学級委員みたいな女が生理的に受け付けなかった。

 

それでも経済に夢の欠片でも残ってた時代は、直接的な感情を発露させる余地はあった様に思う。

 

失われた二十年、三十年の間に、少しずつ少しずつ…気が付けば世の中は、形式だけに削ぎ落とされた綺麗事の手続きが主流となった。

 

テレビの街頭インタビューでは、先週見たニュース番組の解説者の薄っぺらいコメントそのままに、『私、分かってるでしょう?』的にその上澄みをなぞって見せる奴ばかりになった。

 

ネットにタカった人の数が多いものが『今は!』的にニュースと紹介される。

 

それは決して新しい訳じゃなく喜んでる凡庸の数が多いだけ、なんだけど。

 

それは走ってた犬がコテンと転ぶだけだったり…ね。

 

おっと、そんな事はどうでも良かった。

今やっとそんな現象の流れが止まり、ユックリと反転し始めてるんじゃないか?と言いたかった。

 

ヨロシク上手く綺麗事を散りばめながら実の所、自分を留守にし切ってた生き方が行き詰まりを見せている。

 

鉄壁を誇っている様に見えていたこの国の『楽に生きる為のマニュアル》という旧いマニュアルが呆気なく沈んで行く。

 

玉石混淆あれど、コンサルと言われる人達が、忘れられない安閑安楽の時代に対する大衆の未練を拾い集めてカネに変えんと躍起になってる。

自分で確かめた事のない絵空事だけど…。

 

それでも彼等はイケシャアと綺麗事を口にする。

藁をも掴みたい人達が一時の熱に浮かされた様な興奮でそれを真に受ける。

 

彼等はそれを信じてるんじゃなく『何かを信じたいのだ!』と思う。

 

『自分以外』に頼る術は無いけれど…それでも彼等は頑なに自力を拒否しながら『自分以外』の方法や手段を求め続けるのである。

 

三十年間歩みを止めて、綺麗なだけの形式に頼りきって生きて来たこの国は、これからを切り拓く為のたった一つの万能薬、『自分を頼る勇気』を消し去ってしまったのかも知れない。