ご立派な人は

立派な人は…人を恐ろしく疲れさせる。

 

本当の意味で『立派な』というのとは訳が違い『立派な積もりの人』の話。

人を疲れさせる立派な積もりの人が己の何を立派と考えているか。

 

吹聴し、誇張している部分がその人の自慢ネタなんだけど、その拠り所となっている部分が恐ろしく無防備に明け透けに露呈している。

それは表通りで全裸になって股おっ広げてる位に恥ずかしい事なのだが、当人にその自覚は欠片もない。

だから、そんな人はとてもツオイのである。

 

属してる会社名だったりその役職だったり、足繁く通う飲み屋での人気者振りだったり、

 

酒についての浅はかなミニ知識だったり…と人によって種々様々だ。

 

人に良く見られ立派と評価されたいのはある種、人間のカワイイ所だけど。

そこに限度を持たないご立派を演る人は『人を疲れさせる正体』を隠し持っている。

…劣等感だ。

 

そんな人達には意外にも、とても『強い劣等感』が住み着いている。

その劣等感から来る不安感が、ご立派振りを際限無くしつこくさせる。

あなた、それしかないの?といった風情で何時間でも延々続くご立派劇場。

悪気無くとも、そのご立派ネタのカテゴリーで彼(彼女)を凌駕してしまう話をすれば…『僕(私)、オモシロクナイ!』とあからさまに意思表示。

憎悪ともいえるレベルでその話題の主に対して悪感情を焼き付けるといった流れとなる。

 

ウチの店には『拘る』なんて高尚なレベルで作ったメニューも内装も皆無だ。

 

もっと幼稚な好奇心レベルで、ガキが隠れ家基地を作る感覚で内装もメニューも考えている。

こうすりゃオモシロイぞ~!ってなだけなのだ。

 

ご立派族のブランド人間『ジマンシー氏』が自分の自慢ネタと同じ感覚でウチの店を誉め殺す『誉め殺し地獄』となる場合も多い。

 

こちらは誉められれば誉められるだけ恐縮地獄に身を置く羽目となる。

自分自身がテキトーな事を知っているので、縮み上がり恥ずかしさの余り消え入りたくなっちまうのだ。

 

こちとら…とてもとてもご立派じゃないけど必要以上に卑屈でもない。

 

若いジマンシーが「どちらで修行を?」なんてやって来た事もあるけど、仮に「パリのマキシムで。」なんて答えたらどうすんの?そんなの堪能したことあるの?

こちとら無闇矢鱈に人を傷付ける趣味は無いのよ…ご立派君。

 

ソコントコ察してくれないかなぁ。