恣意的に

 

恣意的に……

 

 

 

恣意的に人を変えようとしても、一ミリも変わる事はない。

 

『あなたの為に言ってる』は嘘だからだ。

大抵の場合は自分の意に沿わせたいのである。

 

 

 

ある程度、本気で人と関わると…そんな自分が見えてくる。

自分までがその人を思っての事だと信じているから『お節介』は行くところまで行く。

そして…虚しい結果を迎える。

 

 

 

そうやって『発見した自分の心』は妙に恥ずかしい。

でもだから、身の程を知るのである。俗物だな…と何度自分に呟いた事だろう。

 

 

 

物事の舞台となる様な大きい仕組みは個人の恣意的な努力ではどうにもならない。

 

『ヒタスラ待つ』というスタンスを余程自分に言い聞かせなきゃ『恩着せがましい作為』が顔を出して来る。

 

 

 

しかし、自分の本意と相手の本意がシンクロしてる場合は希にだけど、ある。

 

何も語る必要がなく、何を仕向ける必要もない。

時として希にある、必然という出会いはとても楽…自分をそのまま放置しておけば良い。

 

 

 

結局、長く自分の側に在る人間には無理がない。必然の成せる業だからである。

 

在るがままに在る状態で出来ている関係は強く、優しい。

語らずとも理解は何時もそこに在り、肩の力は抜け弛緩する。

 

例え行き違いがあっても、作為を必要とせず復元されるのだ。

 

 

 

自然流…自分の心が悪だくみを開始してはその平穏を乱す。

 

事の運びが思い通りに行かぬのは他人のせいじゃなく…小賢しい己の心が悪だくみを始めるからなのだ。

 

 

 

何時だって、自分で変えられるのは自分しかない。

 

心の悪だくみで捏造した関係は脆く弱く儚い

それはやがて…必ず鈍い憂鬱と疼痛を心の中に醸し出す様になる。

 

 

 

結局、自分が自分のアザトサにやられるんだけど、それでも費やした時間とエネルギーを惜しむ余り、中々抜け出せなくなる…という運び。

とても哀しいものがある。

 

 

 

誰に怒り、誰を責めれば良いんだろう?

ああ、結局自分なんだね…の繰返し。

 

自分を学ぶ人あれば、世を拗ねる方へ進む人あり。

 

失敗のその後は…その人が己に望んでいる質的なレベルによって様々なルートが用意される。

 

 

 

要は『自分次第』ってことなんだけど…昔は誰かのせいにしたいからとても嫌いだったこの言葉。

 

今聞けば、自分が邪魔さえしなければ己が望む所に行ける!ってこと?!じゃん。

…自分次第って中々素敵なセオリーだなと僕は思う様になった。