我、四面楚歌するを聞く

我、四面楚歌をするを聞く・・・そんな状況が時としてある。

 

もはやこれ迄か・・・の正念場を通り過ぎて後、落ち着いて振り返れば、敵に囲まれたのではなく自ら敵を作り、その中に己の神経を集中させ飛び込んでしまっていた・・・なんて事に気付く。

 

ある種の遺恨や執着に囚われる余り、頭の中を憤怒の対象とした人間ばかりで埋め尽くすのだから・・・そう感じる場合が多いということだろう。

少なくとも僕はそうだった。

 

非がある相手からの修復したいという意思表示を一刀両断!・・なんてことが多々あった。

未熟な人間故の愚行だったがその時は、「見たか!俺の怒りを!!」なんて振る舞いにも及んでいた。

 

世のオジイチャン、オバアチャンはエライ!

短気は損気・・と、そんな大太刀回りを一言で戒めてくれている。

 

まぁ、この世に生れ出て、付き合ってくれる人がいるってのは奇跡的出来事である。

マッコウ臭く言えばそれを『縁』という。

良くも悪くもその縁によって物語は紡がれる。

 

長い人生を生きた末での結果なんてのは、誰もどうなるか分からない。

余りに近視眼的な見方、感じ方をすれば四面楚歌をするを聞くなんて修羅場もできる。

 

良いことも悪いことも必ず『終わる』。終わったと思えばまた始まりもする。

しかし、究極的には必ず終える事になるのだ。

 

人其々に与えられたその『約束の日』まで、ゆっくりと世に移り行くよしなしごとを心に書き連ねて生きて行こうと思うようになった。

 

人を恨み、怒り、謗るのは恐ろしくエネルギーを要する。

若き時代の特権なのだろう。

 

今も修羅場にのたうつ人がいるだろう。

しかし、所詮それもやがては終わるのだ。

せっかくのその修行、味わってやりましょう!と生きてみて欲しいと思う。

 

その修羅場に過去の自分の行いを見付けられたなら、その修行の終わりは近い。

生きていて起きる出来事は、良い事も悪い事も、それもこれも自分のお陰様なのだ。

 

何れも美味しく頂きましょう。

美味しいとこだけ・・なんて好き嫌いは罰当たり。

酸いも甘いも辛いも苦いも満遍なく、己の作ったご馳走を味わいましょう・・かね?