どんなタブーも

どんなタブーも初めて破った時の緊張感は大きいが、初めてより二度目、二度目より三度目・・・という様に恐怖心がマヒしていくのが通例だ。

 

常識中の常識だからこそタブーとなっているのだが、それを犯すことに慣れると日常化し当たり前となっていく。

そうやって、ある一定期間が過ぎると流石に様々な支障がその人の生活に顕在化してくる。

そりゃあ、まぁ・・・基本中の基本を犯すわけだから当たり前なのだが。

 

しかし、その人にとっては只の偶発的出来事が重なっただけで、『運が悪い』『ツイてない』話として理解されるのだ。

 

初めこそ何か良心の呵責なんぞも感知すれど、そこをエクスキューズでやり過ごす。

次には「仕方ないじゃないか!」と居直り、やがては「なんてツイてないんだ」と被害者意識に変わっていく。

 

若い人たちはその自分の現状の図柄が見えない人が多い(気がする)。

別に悪い意味なんかじゃなく、「浮く」ことを恐れてきた為に自己肯定感が極端に乏しいからだと思う。

 

だから、いつも得体の知れない不安に囚われている。

自立すれば当たり前の日常なのに、その一つ一つに過剰な不安を抱き反応してしまい、結果としては『人の法』を犯しているパターンが多く見受けられる。

 

営業職の若い男が会社からのノルマにパニックとなり・・・結果、架空伝票を起こしまくってホントの地獄へ足を踏み入れたパターンもある。

なぜ?真っ当なうちに・・・と思うのだが、後の祭りとなってからの相談が結構あった。

 

若い女からよく聞くのは、「お付き合いのタブー」を犯して男を確かめるパターン。ここまでやっても、それでもアタシを許してくれる?と、試すという。

要は浮気をして、それをワザと露見させるのだ。

 

そんな事をされて、良いとも!なんて許す男・・・魅力ないでしょ?と問えば、「保険」としてキープしておきたいと言うのだ。

何より、この男には『自分は捨てられる事はない』と安心できると。

どんだけ自分を見限っているんだろう・・・と僕は思うけど。

 

そんなプロセスを踏んでおいて、「自分は男と長続きしない」と悩み事のように言う。

そんな風な男との向き合い方で、適当にキープしておいては面白くないからと次の男に渡り歩く。

そして、どんどん自信喪失を深めていく。

 

常識のタブーは犯しても犯されても、そのまま放置すれば自己信頼を食い潰してゆく。

犯されたなら、毅然とした態度で相手にNO!と言わなければならない。

当の女は、地獄への無限ループに自らが強い意志でダメ出ししなきゃ抜けられなくなる。

 

NOを言わない『扱い易い子供』を演らせて、とても理解不能な大人に仕上げてきたんじゃないか?と、今更ながらに思うのだ。

 

一見、利に敏いと見える若い人達がそうやって大損をチョイスしているのは見るに忍びない。

 

『一人術』とでもいうモノを磨くしかないと思う。

一人で考え、一人で過ごすことを寂しいと翻訳する人は多い。

そんな人達に限って本当の一人を過ごした事がないのだが。

 

一人を確立し、一人を楽しめない人が自信喪失のまま人と交わり、人に対する礼節を犯してしまうのは・・・ある意味仕方ないのかもしれない。

 

『上手く演る事』として、人としてのそんな振る舞を推奨し、威しつけて、『自分』を考えないように教え育てたのは僕達の年代の大人達なのだから。