僕達の失敗 

高校教師の主題歌『僕達の失敗』を歌った森田童子さん死去…。

 

謎多き彼女の事を調べると…東京出身。高校時代、東京教育大(現在の筑波大学)の学生運動と接点があった、とある。

同級生が学生運動で逮捕されたのをきっかけに自身も退学する。

繊細にして真面目な性格だと窺える。

友の逮捕に、自分も共同責任を感じたのか? 自分にも何かのペナルティーを与えなきゃフェアじゃない!そんな動機だったのかもしれない。

 

僕達の失敗は、1962年発表された石川達三の小説の表題から得たのかもね…と思った。

団魂世代の直後の世代。ラジカルな時代の空気が終焉を迎えつつあった。若者は、行き場を失いつつあった時代だ…。

 

器用に変われない自分の思いをずっと抱え続けた人なんじゃないか?と、漠然と思う。そう感じるのである。

66歳という若すぎる死だけれど、それを思うとき…それでもそこが、なんとか彼女が命を全う出来る限界だったのかなぁ…なんて感じるのだ。

 

高橋和巳、柴田翔、石川達三…そんな作家達の名前、学生運動の熱と挫折、無力感、ヒヨッタ自分の後ろめたさ…。

そんな時代に残り香のように漂う若者達のエネルギーの余熱。

気紛れな世間は豊かな経済に向かうことに舵を切り始めた時代…。

 

熱く語った革命の夢。私は生き残り死んでいった友…「僕達の失敗」だったのか?

二十歳の時に知人が死んだことを切っ掛けに彼女は唄い始めた…とあった。

 

ご冥福を祈ります。