ファッション誌など・・・

ファッション誌などに掲載されるモデル達はメンズ、レディース問わず美しい。

 

整っていて、ある種、人間というよりマネキン人形に近い。

これはファッションの敵『生活感』の除去を目指すあまりの行き過ぎた表現なのだと思う。

まったく人間の息づかいや汗の臭いが漂って来ない。

美しいけれど『セクシャルな色気』が感じられないのである。それは見る側に隔絶感を与え、紙面の中に入っていけなくさせる。

 

それでは・・・と考えたのが読者モデルなんだけど、これは文化度合いの貧しさが伝わり、彼ら彼女らが帰っていく部屋の生活まで見えてしまう。

度合いの問題だけど、生活感は「日常」をあからさまに感じさせてしまう。

ファッションに必要なのは生活感じゃなく『生命感』なのだと思う。

体躯が少々アンバランスでも、抜けるような清潔感を発するのがセクシャルな魅力に繋がる。

ピュアな生命感こそが、年代を問わずに必要な絶対要素だ。

 

心地よい緊張感をもって生きている人には必ず清潔感が漂っている。

欲しいけれど、未だ手にしていない対象がある人だ。

大袈裟じゃなく、そんな人は未来に向けて生きている。未来にならないと解決しない「未解決状態の何か」を常に抱えて今を生きている。

反面、過去と今に満足して安住している人は、洗濯の行き届いた服を身につけていても不潔感と生活感が付いてまわる。

食事のメニューも同じ。

現実とかけ離れ過ぎたデコラティブな一皿には色気がない。

かと言って、マヨネーズ容器と共に出される創作料理とやらは生活感あり過ぎだし・・・。

 

生命感って、「終わりを予想させる今や過去」を主軸にして表現できるものじゃない。

未来という「始まりの予感」あってこそ生命感はみなぎるってことだ。

夢は未来に対してしか見れない。

だから、夢は生命感を誘発しセクシャルな魅力と直結するものなのだ。

 

何かひとつ・・・小さな事で良い。

未来に向けて叶えたいという願いを持つことから夢は始まる。

今はまだ無い! だから、これからに向けて創作活動が始まるというわけだ。

安易に素材を組み合わせるキテレツな行為は断じて「創作的活動」ではない。